取引先相手や、仕事上の付き合いのある相手が店を出した場合、どのような品物をお祝いとして渡して良いか分かりにくいことがあります。時計のようなインテリア用品や、合間につまめるお菓子や飲み物でもいいのですが、趣味や好みに合わないと返って迷惑をかけることになりかねません。
現金やギフト券などの金品の場合は、相手に好きな物を購入してもらえますが、金額が分かると失礼に当たることもあります。ごく近い身内以外は避けた方が良さそうです。
贈り物の選定に迷うのであれば、花の開店祝いがおすすめです。余程のことがなければ、店内に飾ってオープンしたての華やかさを演出できるので、相手方がもらって困ることがありません。店頭に飾れば、開店した目印にもなり、初めてくるお客も気づきやすくなるでしょう。

店舗に合わせて選ぶには

開店祝いの花には、スタンドに活けた物、鉢植えの物、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワーがあります。
飲食店やブティックなどで、路面店の入り口や前面に広いスペースがあれば、スタンドが最適になります。遠くからでも目立ちますので、一目でオープンしたばかりの店舗と分かるでしょう。
鉢植えの場合は、胡蝶蘭が定番で人気があります。床に置いておけるので、飾る場所を選びません。長持ちしますし、水やり等の世話がかからず、手間がかかりません。匂いもせずに、散って店内を汚すこともないでしょう。空調がきき、換気をしない環境にあるビル内の店舗やオフィスなどに置くことも出来るでしょう。
フラワーアレンジメントは、かごに挿した状態で届けられることが多いです。サイズが色々ありますので、狭い店内であっても、レジ周りやちょっとしたデッドスペースにも飾ってもらうことが可能です。枯れるのが心配であれば、特に何もしなくても、長持ちするように加工したプリザーブドフラワーを選ぶといいでしょう。

送る際のルールとマナー

開店祝いに花を贈る場合は、開業日の前日までに配送するように手配しましょう。プレオープンなどのイベントがある場合は、その前の日までに贈るといいでしょう。スタンドや鉢植えや大きめのアレンジメントには、木札を付けることが多いでしょう。朱筆で、祝や御祝という文言を入れ、贈り主の氏名を入れます。取引先に渡す場合は、社名と肩書き、氏名を入れます。原則として相手の名前は省略し、誰からもらったのかが分かるように贈り主だけの名前を入れるのが慣例となっています。
前日までに間に合わなかった場合は、開業日の翌日以降に持ち込み、相手先の店舗の隆盛を祝う意味で、木札の文言を祈御発展としましょう。遅くても1週間後までには用意してください。時期を逃してしまった場合は、開店して1年後くらいに、1周年記念として贈るといいでしょう。
小さなフラワーアレンジメントや、プリザーブドフラワーの場合は、メッセージカードを添えることになるでしょう。濃い黒字で記入し、赤字や火事を想定させる赤い文字では書かないように気をつけてください。御祝等の文言を入れる場合も、朱筆で入れるように配慮しましょう。