開店祝いは、その店舗のお取引先であったりオーナーの親戚や友人から贈られるものとなります。現金で包むということもあるのですが、花であったり家電製品や雑貨類が選ばれることもあります。
家電製品では、まだ店舗用として購入していないファックスや電話機、掃除機などが選ばれることが多く、雑貨類となれば置き時計や掛け時計、置き物や飾りなどが選ばれています。
フラワーギフトでは、お取引先となればスタンド花や胡蝶蘭などの豪華なものが選ばれることが多いのですが、個人で贈るという場合でも予算的に1万円もしないようなフラワーギフトから利用もできます。アレンジメントやプリザーブドフラワー、ボックスフラワーや観葉植物などがあり、予算や好みに合わせて作ってもらうことができます。

二万円以上の予算で選ぶなら

開店祝いは二万円以上の予算で探しているという場合には、スタンド花が主流となっています。スタンドには、アレンジメントとしてオアシスにいけた状態で納品されるので、水を足すだけで取り換える必要がありません。たっぷり水をあげておけば、吸水性スポンジでもあるオアシスが水を吸い上げてくれるので、毎日の手入れの必要がありません。
他にも、胡蝶蘭は大人っぽく落ち着いた雰囲気を出すことができるアイテムとなり、上質なギフトを贈りたいという場合にもぴったりです。ただし、胡蝶蘭は値段と見栄えが比例してしまうことになるので、他の人からも胡蝶蘭が届いた時には比べられてしまうことになります。あまり予算を出すことができないのであれば、別の物を選んだ方が良いケースもあります。

知り合いやお友達として贈るのなら

開店祝いを贈らなくても相手との関係が崩れるほどでもないけれども、気持ちとして贈りたいという場合には、相手にも気を使わせない程度のフラワーギフトにする必要が出てきます。
アレンジメントでは。3000円程度の予算から作ってもらうことができ、小ぶりであってもカウンター横などに置いてもらうことができます。また、置き場所がなくてもカゴに入っているので、床にそのまま置いてもらっても違和感がありません。
アレンジメントでは、水をあげる必要が出てきますが、店舗がオープンしたての時期は忙しくてお手入れの時間を取らせてしまうことになります。プリザーブドフラワーであれば、特殊加工が施されていることによって水をあげることがないので、男性スタッフだけの店舗でも安心して贈ることができます。