開店祝いでは、現金を包むということもありますが、新しい店舗に役立ててもらえるようなアイテムを選んで贈られることも多いものです。掃除機やファックスなどの電化製品では、まだ購入していないものをオーナーと相談して選んだり、時計や置物なども利用されていますが、定番とも言えるのが花のギフトです。
フラワーショップでは、予算や用途、希望に合わせてさまざまな形でアレンジして作ってもらうことができます。まだ店舗の雰囲気が分からないという場合でも、フラワーギフトは色に左右されることなくどんな店舗にもぴったりの贈り物となり、まだ物が揃っていない店舗であっても華やかさを添えることができるためにとても役立ちます。ただし、大きさに関しては置き場所も考えて事前に相談しておけば安心です。

店舗前に飾ってアピールができる

開店祝いというと、スタンド花が定番ともなっています。予算的には二万円ほどから作ってもらうことができ、専用のスタンドもレンタルという形で利用ができます。スタンドは一段や二段、三段のものもあるのですが、一段であっても人の目線の高さにフラワーアレンジの台がくるようになるので、アピール力が高いフラワーギフトともなります。
一般的には、店舗の入り口の屋外に飾ってもらうことになります。つまり、たまたま店舗前を通りかかったという人にも開店したばかりであることをアピールすることができるとともに、華やかさがあるので遠くからでも目に留まりやすく、集客力のアップにもつながってきます。
店舗によっては置く場所がない建物であったり、他の人からも届けば全部置ききれないこともあるので、事前に知らせておく必要があります。

相手との関係によっても種類を選ぶ

お取引先へのフラワーギフトとなれば、スタンド花にするのが一般的なのですが、オーナーとちょっとした知り合いという場合には大げさすぎるケースもあります。フラワーギフトにはさまざまな形があり、予算も3000円程度から作ってもらうことができます。
アレンジメントでは、カゴに入れた状態で納品されることになり、吸水性スポンジのオアシスに水を足すだけなので水を取り換えるという手間がありません。空間をあけてオアシスにいけたような形になるので、少ない予算でもボリュームアップをして見せることができます。
他にも、観葉植物や胡蝶蘭などの鉢植えの植物であったり、プリザーブドフラワー、ボックスフラワーなどのフラワーギフトもあるので、用途や好み、予算に合わせて選ぶことができます。